忍者ブログ
メンターとは、簡単にいえば「人生の師匠!」、仕事や人生において、良きお手本となってくれる人のことです。 身近に、メンターと呼べる人がいない場合、 本などから探しだすのもひとつの方法です。ここでは、メンターと呼ぶにふさわしい方々を紹介していきます!
カテゴリー
 ◆ メンター(13)
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 カテゴリー
[10] [9] [7] [5] [4] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いわずと知れた、松下電器創業者、松下幸之助氏です。
たくさんの「松下語録」を残され、「人づくり」に力を注がれていました。今なお、多くの経営者の方々の目標とされているようです。

 主な著書
「PHPのことば」
 「道をひらく」
「続・道をひらく」
 「商売心得帖」
「経営心得帖」
 「指導者の条件」
 「社員心得帖」

 ~ ~ ~ ~ ~ ~

 有名な発言 有名な発言として「月給10万円の人は月100万円の働きを、月給20万円の 人は月200万円の働きをして欲しい」と語ったとされる。

また、「松下はどのような会社ですか?」という問に対し「松下電器は人を作る会社です。あわせて 家電を作っています」と答えた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 ~ ~ ~ ~ ~ ~

松下幸之助氏の歩み
年齢 事項
明治27年 0歳 11月27日和歌山県で8人兄弟3男末っ子として出生
明治37年 9歳 小学校を4年で中退し、大阪の火鉢店に丁稚奉公
明治38年 10歳 五代(ごだい)自転車商会に奉公
明治43年 15歳 電気事業にあこがれ、大阪電灯(株)に入社
大正3年 19歳 肺尖(はいせん)カタルにかかる
大正4年 20歳 井植むめの(19歳)と結婚
大正6年 22歳 大阪電灯(株)を退社、事業を始める
大正7年 23歳 松下電気器具製作所を大阪市福島区大開町に設立
昭和4年 34歳 「綱領・信条」を制定
昭和7年 37歳 第1回創業記念式典を実施。事業の真使命を発表
昭和8年 38歳 事業部制を実施、大阪府門真に本社工場を移転
昭和20年 50歳 太平洋戦争終結
昭和21年 51歳 GHQより7つの制限を受ける
11月3日、PHP研究所を設立
昭和30年 60歳 所得番付1位(39年間でベスト10入り30回)
昭和36年 66歳 松下電器産業(株)社長を退任、会長に就任
PHP活動を再開(真々庵にて)
昭和48年 78歳 会長を退任し、相談役に就任
昭和55年 85歳 (財)松下政経塾開塾
平成元年 94歳 4月27日死去

松下資料館ホームページより

~ ~ ~ ~ ~ ~
PR
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao